投薬治療で気を付けること|早く気づくための大切なうつチェック【適切な治療を受ける】

投薬治療で気を付けること

レディ

考え方を変えれば楽になる

薬でうつ病の症状を改善できることから、メンタルクリニックなどへ通院する方が増えています。そこで、これから薬物治療を受ける際は、医師の指示に従って服用するように気を付けましょう。一見当たり前のようですが、抗うつ剤には即効性がないため、何日飲んでも効果が出ないという理由で、飲むのを止めてしまうケースがあるのです。およそ1週間から半月程度は効果が出ませんが、その後は効力が発揮されますので服用を続けてください。そして、服用開始後は体調チェックに留意しておき、何かお気付きの点があれば病院に相談しましょう。ただし軽微な副作用ならそのまま服薬を続ける場合が多いので、許容範囲の症状を事前に確認しておくのが大切です。また、投薬中は心療内科や精神科でも血液検査などを実施しますが、これは抗うつ剤による体への影響をチェックする意味がありますので、極力受けましょう。一方、抗うつ剤を処方する時は、その患者の症状に合った薬の中から、副作用の少ない物が第1選択薬に選ばれます。ですが薬の効き目には個人差があり、第1選択薬が必ず効くとは限りません。そのため効果が出る時期まで飲み続けても、一向に効き目を実感できない時は、医師にその旨を申し出てください。すると別の薬を選んでくれますから、やがて自分にピッタリな抗うつ剤が見付かります。ストレスはうつ病を引き起こす大きな原因ですが、うつ病になりやすい人は、そのストレスを自分で作っているケースも少なくありません。例えば、あの人は自分のことを見下しているに違いないなど、実際に確認した訳でもないのに、勝手に決め込んでしまう場合があるのです。さらに、完璧主義で自分に厳しい人は、褒められて然るべき功績でも、自己目標に到達していなければ自分を責め始めます。本来ならそれらのストレスは負わなくて良いのですが、考え方の癖によって、無用なストレスを生み出している訳です。考え方の癖は性格とも深く結び付いているため、自助努力で改善するのは困難を極めます。そこで、それらに心当たりがおありなら、認知行動療法という治療メニューを覚えておくと良いでしょう。この療法が提供されている病院では、患者の考え方の癖をチェックして、より正しい考え方に修正できるのがメリットです。思考の流れを書き出し、問題点を目視でチェックできるようにしてくれますから、考え方も改めやすくなっています。思考パターンが変わればその後の生活が随分と楽になりますので、うつ病の治療先は認知行動療法が受けられる病院を選ぶのも得策です。そのほか、うつ病は糖質の過剰摂取でも発病しやすいため、病院を受診した際は食事内容をチェックしてもらい、食生活のアドバイスも聞いておきましょう。

Copyright© 2018 早く気づくための大切なうつチェック【適切な治療を受ける】 All Rights Reserved.