心の健康を保つために

男性

種類と治療法について

うつ病には、産後うつや躁鬱病、季節型など様々な種類があります。それぞれ原因が異なり、また症状の特徴も異なりますが、自分で診断することは難しいので、医師にしっかり症状を伝えて正確に診断してもらうことが必要です。例えば産後うつは、女性が出産後、急激なホルモン分泌の乱れによって、不安感や悲しさが襲ってくるという症状です。我が子を可愛いと感じない、責任感に押しつぶされそう、などの感情が湧いてくるのが特徴です。躁鬱病は、ハイな状態と負の状態を繰り返す症状です。ハイな気分の時はテンションも高く病気ではないと感じることも多いですが、そこから負の状態になったときの浮き沈みが激しく、周りの理解が十分に必要であるという特徴があります。季節型は、季節による気圧、気温の変化によって生じるものです。季節の変わり目に特に憂鬱になり、家から出られなくなったり、楽しさを感じなくなったり、頭痛や吐き気などの体調不良を伴うことが多いです。このように、ひとくちにうつ病と言っても、様々な種類があります。自分がどのような種類に分類されるのかを知り、適切な治療を受けることが完治への近道と言えます。ひごろよりセルフチェックの習慣を付け、自分の気持ちや体調をチェックしておくと良いでしょう。うつ病を治療するためには、抗うつ剤と呼ばれる薬の服用が必要になります。すぐに効き目があるものではありませんが、長期的に服用を続けることによって少しずつ心のコントロールが出来るようになり、症状が改善されていきます。現れている症状や、症状の重さによって処方される量や種類が大きく異なりますので、医師には自分の現状をしっかりと伝えることが必要になります。また、その他の治療法として専門医とのカウンセリングというものが挙げられます。人と対話することによって、自分の心が少しずつ整理されて行き、症状の緩和にもつながりますので、積極的にカウンセリングは受けるようにしましょう。また、カウンセリングによって、気づかなかった心の傷や悩みなどを知ることが出来る場合もあります。それが治療の糸口になることもあり得るので、大切な治療の一環と言えます。それと併用して、十分な休養を取るというのも大切な治療の一部です。仕事や子育てから一時的に離脱し、休養期間をしっかり設けて心を休めましょう。治療経過中には複数回メディカルチェックを受け、身体的な症状がないかチェックするのも重要です。身体的不調は、薬によってコントロールするのが容易なので、体調管理はしっかり行いましょう。

男の人

心の病に打ち勝つために

うつ病を発症したら、睡眠や食事に気を付けて自宅で出来る対策はしっかり行うようにしましょう。また、うつの有効な予防対策は、ストレスを溜めないことや、相談相手を見つけておくこと、セルフチェックをまめに行うことなどです。

看護師

こんな人が罹りやすい

融通が利かない人や生真面目な人、そして自分の意見を主張できない人は、うつ病に掛かりやすくなっています。うつ病の治療先を選ぶ時は、生理的に受け入れられる医師かどうかもチェックして、信頼関係が築きやすく、無理なく通える病院を選びましょう。

医者

心の病気を乗り越える方法

自分でうつ病の疑いがあると感じたら、セルフチェックを行い、病気の早期発見に努めましょう。また、うつ病の治療は長い時間が必要ですので、投薬やカウンセリングをしながら根気強く治療を行うという姿勢を大切にしましょう。

レディ

投薬治療で気を付けること

薬でうつ病を治す時は効果が出なくても飲み続けますが、既定期間服用しても効き目が実感できない際は、医師にその旨をお伝えください。考え方の癖で余計なストレスを招いているなら、癖をチェックして正しい思考へ修正できる認知行動療法を受けましょう。

Copyright© 2018 早く気づくための大切なうつチェック【適切な治療を受ける】 All Rights Reserved.